脂性肌について

こんにちわ
NORIの杉田友也です。

今回は脂性肌(オイリー肌)についてのブログです

脂性肌とは…

脂性肌は、簡単に言ってしまうと

「何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっている肌」

のことです。

またお肌の水分量が低下(30%以下)している肌を「乾燥肌」と言いますが、脂性肌でも乾燥しているケースがあり、

そういったケースを最近では特に「脂性乾燥肌(オイリードライ肌)」と言ったりもします。

んー…難しい…

脂性肌に長年悩まれている方の中にはこの「乾燥」が見落とされている場合があるので、注意が必要のようです。

脂性肌のメカニズム

脂性肌のメカニズムは皮脂の分泌が過剰になっている肌のことですが、

この皮脂の分泌を司っているのが男性ホルモンの一種「テストステロン」という物質やステロイドの一種「アンドロゲン」という物質です。

これらのホルモンは、皮脂腺を増やしたり、皮脂を合成したりと、皮脂腺の分泌活性を高める役割を担っています。

しかし、ストレスや生活習慣、遺伝的要因などにより分泌が過剰になると、それにより皮脂の分泌も過剰になり…

結果的に脂性肌になってしまうと考えられています。

これらのホルモンが分泌されるピークは思春期と、30代後半~40代にかけての2度あり、

これらの時期は脂性肌になりやすい時期と言えます。

特に思春期に脂性肌の傾向の強い女性では、アンドロゲンの影響で40歳くらいまで脂性肌の肌質が続きやすいと言われます。

また、ホルモンとは別に、遺伝的に皮脂腺が大きいケースや、加齢によって毛穴が開き皮脂が出やくなっているケースでも、脂性肌になりやすい様です。

調べてみるとなかなか面白かったです。

みなさんも参考にしてみてください。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です