正しくドライしてツヤのある髪へ☆

こんにちわ☆
NORIの杉田友也です☆

今回は意外とわからない正しいドライの仕方について音譜

間違った方法で髪を乾かすと、髪を傷める原因になってしまいかねませんあせる

正しい手順で乾かせば、髪は健康的でツヤのある状態をキープすることが可能です音譜

「ドライヤーで髪を乾かすと傷むので、洗髪後は自然乾燥のほうがいい」と思っている人もいると思いますが、それは大きな間違いDASH!

髪が濡れていると、キューティクルが開きっぱなしとなりダメージを受けやすい状態になるため、そのまま長時間の放置はNGですっ!!

また、枕とこすれて傷んだり、汗や皮脂と混ざって雑菌が繁殖して臭いの原因となることもありますガーン

根元のクセを補正…
髪の根元にうねりなどの部分的なクセがある場合、まずその部分を伸ばすようにしっかりとドライし、髪全体のクセをおさえますニコニコ

クセを補正したら、乾きにくい根元部分からドライ音譜

根元が湿っているとペタっとした仕上がりになってしまうので、少し顔を下に向けながら、上からドライヤーの熱を当て全体をまんべんなく乾かしましょう音譜

うねる前髪は…
前髪にうねる、分かれるなどのクセがある場合はここでしっかりと取り除きます音譜

クセの方向と反対側に毛流れを作って乾かし、その後逆側も同様にブローしますアップ

中間から毛先は…
手ぐしで髪を下にとかしながら軽く引っ張ってブロー。こうすることで自然なストレート感が生まれますニコニコ音譜

いかがでしたか?
正しくドライして梅雨に負けないツヤがあり、まとまりのある髪へしていきましょー^ ^音譜

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です