フランダースの光展

こんばんは
NORIの工藤です。

先日、渋谷Bunkamura
ザ・ミュージアムで開催されている
「フランダースの光」展を
見に行ってきました!

館内は3章の構成になっていて
それぞれの章で沢山の画家の
思い思いの素晴らしい作品が
沢山展示してありました!

中でも特に印象に残っているのが
「第2章 移ろいゆく光を追い求めて」
に展示されている作品

photo:01


エミール・クラウス
「刈草干し」 1986年

実際に作品をお見せ出来ないのが
本日に残念なのですが、
この作品は溢れんばかりの光が
作品全体を覆っていました!
「この作品だけ照明違うの
使ってるのかな?」と
勘違いする位キラキラしてました!

この様な作品を
「リュミニスム(光輝主義)」と
呼ぶそうです。

題名通り館内は光で
満ち溢れてました!

10/24迄開催しています☆
興味のある方は是非!
足を運んでみてください!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です